女性上司によるパワハラと対処

パワハラが社会問題として騒がれるようになり、その事例もよく提示されるようになりました。よくあるものが、職場での上司という立場を利用して部下へ望まない行為を強制してやらせたり、不利益を強いるようなことです。パワハラというと、男性上司が部下に行うというイメージがあります。しかし、現在は女性上司も増えているため、女性上司が部下へパワハラをするということも問題として挙げられているようです。
近年、パワハラが増加している傾向にあります。男性から女性への嫌がらせはセクハラとも捉えられ、今は問題になりやすくなっているので、男性もずいぶん配慮を行うようになりました。しかし、女性上司の場合はパワハラとは捉えられにくいため、残念ながら問題とみなされなケースもあるようです。しかし、パワハラは性に関係なく決して許されない行為です。女性の出産や結婚を機に退職勧告や配置換えを迫ったり、育児休暇や早退する人間に嫌味を言ったり、相手の体調を配慮せずに甘えと断じてしまったりなど、パワハラの種類は多岐に渡ります。また、見た目や服装に関して嫌味のような発言をしたりするのも、ハラスメントの一種といえるでしょう。
パワハラを受けていると感じた場合は我慢をせず、同僚に相談・会社のコンプライアンスを司る部署に訴える・発言をメモしておいてさらに上の上司へ伝えるようにすることです。有効的な手段をとって、パワハラに負けないようにしましょう。